Amazon 在庫処分セール開催中 ≫

大学生のアルバイトは観光PR隊がおすすめ!様々な経験が出来る♥

仕事・資格

こんにちは、maiです!

学生のアルバイトといえば、飲食店やコンビニ等の接客業を選択している人が圧倒的に多いですよね。

そんな中で、他に学生が出来るアルバイトってあるの?人とは違うアルバイトがしたい!という方も居ると思います。

そんな方に「観光PR隊」をオススメします!

今回は、実際に学生時代に2年間観光PR隊として活動していた感想などについて紹介します。

観光PR隊やキャンペーンガールに興味がある方は是非ご参考にしてみてください。

観光PR隊の仕事内容は?詳しく紹介!

観光PR隊とは、その地域の魅力をPRするために自治体が募集しているお仕事です。

募集元は自治体の観光課が一般的であるため、安心して働くことが出来ます。

募集要項として多いのは、18歳以上の女性で平日・休日問わずイベント等に参加できることかと思います。そのため、比較的時間の融通がきく大学生にオススメしたいアルバイトになっています!

イベント出演

  • 地域のイベントへの出演
  • 観光系イベントへの出展ブースでの呼び込み

地域の〇〇祭り、〇〇フェア等のイベントがあると、ほとんど仕事の依頼があります。

イベントでの表彰状を持つ役や、抽選大会のくじを引いたり時には食レポしたり。。イベントに出演してくださるゲストの方のアシスタントをしたり、イベントによってどんな事を求められるかは様々でした。

基本的には地域の良さや観光地を自身を通してアピールする事が仕事なので、発言する際にはこんな事をPRして欲しいという内容の書かれた台本を渡される事が多かったです。事前に勉強する必要があります。

メディア出演・取材

  • 新聞記事の取材
  • テレビ・ラジオへの出演

地域の魅力やイベントごと等のPRのために、新聞社やテレビ局、ラジオ局へ出向き、取材をして貰う仕事があります。

PRすべき事は、事前に勉強会があるのでしっかりと頭に入れておく必要があります。また、自分の言葉で喋れるようにしておく事も必要とされます。

テレビ局やラジオ局の裏側も少し見れるので、将来メディア関係の仕事に就きたい方にもおすすめです。

ビラ配り

  • ブース出展でのビラ配り
  • ブースへの集客

地域のイベントだけでなく、他の地域や県外のイベントへブースを出展することもあります。その際に、ブースに立って集客のお手伝いをしたりビラ配りをするのも観光PR隊の仕事です。

観光PR隊の制服によってですが、筆者の場合、靴はヒールでなければならなかったので、一日中立っているのは結構辛かったです。。

合格すると賞金が貰える!?その後の仕事で時給はもらえるの?

募集要項に賞金が書いてある場合、その金額が貰えます!嬉し〜い金額が貰えちゃうと思いますよ♪

その後の時給は募集内容によると思いますが、基本的に労働の対価として賃金を払わなければならないため、ほとんどの場合時給は貰えると思います。

私の場合は、最初に賞金や副賞(金券など)を頂き、その後の仕事も時給が発生していました。

観光PR隊として働くメリット!

今まで知らなかった地域の魅力に気付ける

観光PR隊の最初の仕事は、その地域の魅力を充分に理解することです!

そのため、自ずと観光地の情報やオススメポイントに詳しくなります。

友人や恋人と遊びに来た時に、詳しく紹介できるようにもなりますよ♪これまでとは違う楽しみ方が出来るかもしれないですね。

マナー、立ち振る舞いが身につく

観光PR隊に選ばれてから初めての研修では、メイクの指導、立ち方の指導、歩き方の指導、笑顔の指導などがあります。美しい立ち方等を学べるので、女性にとって損はないです。

言葉遣いや所作のマナーも身につきます。

社会人や県外の人との人脈ができる

観光課の職員さんやメディア取材などで社会人の方と関わる事ができます。

待ち時間も多いので、特に自治体の職員さんとは仲良くなることが出来ました。もし、公務員を希望していたら、先輩職員から就職のアドバイスを貰える機会に繋がるかもしれませんね♪

私は就職活動の時に、メディア関係の仕事にも興味があったので、観光PR隊で知り合った雑誌の記者さんや新聞社の社員さんの元にOB訪問をお願いしました。

また、県外のイベントなどもあるので、そこで他の地域の観光PR隊のみなさんともお話する機会があって楽しかったです。

人に伝える能力が身につく

地域の事を知らない人に魅力を伝える事が仕事なので、自分の得た知識を伝える能力が自然と身につきます。

これは就職活動や社会人になってからも大切な能力なので、良い経験が出来ると思います。

観光PR隊として働くデメリット!

自由にシフトを組めない

イベントスケジュールや取材の日程が中心となり、依頼があれば必ず参加出来るように務めなければなりません。

毎週末イベントが有ると土日はなくなってしまいますし、平日の昼間に取材が入ることもあります。

県外でのイベントだと宿泊が必要になることもあります。

学生だと、授業のない時間帯にアルバイトを入れると思いますが、平日の仕事もあるためやむを得ず授業を休まなければならない時もあります。

ある程度余裕のある学年の内にチャレンジするのが良いと思います。

写真がネット上に残る…

自治体の活動記録などで写真と名前がネットに掲載されます。

筆者も未だに名前と地域名で検索すると、観光PR隊をしていた頃の写真がトップに出てきます…!

また、イベントで写真を求められたりすることもあります。その写真がネット上に公開される事もあるので、気をつけましょう。

観光PR隊のアルバイトはこんな人におすすめ♥

  • 人とは違う経験がしたい
  • 自治体やメディア関連の人と話してみたい
  • 人に伝える能力を身に着けたい
  • 時間に余裕がある

以上のことから、観光PR隊は学生時代に挑戦すると多くのメリットがあると思います♪

また、自由にお休みが取れる社会人の方にもおすすめです。

観光PR隊の仕事に興味がある方、人とは違うアルバイトをしてみたい方にとって少しでも参考になれば幸いです。

コメント