楽天スーパーSALE開催中!!(6/27 1:59まで)≫

働きながら一発合格!FP3級に一発合格するための勉強方法とおすすめの参考書【独学】

FP(ファイナンシャル・プランナー)をご存知ですか?

FP(ファイナンシャル・プランナー)は、家計に関わる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識を備え、一人ひとりの将来の夢がかなうように一緒に考え、サポートする専門家です。

FP資格取得を目指す | 日本FP協会

いわゆるお金の専門家であるFPの実績や信頼の証となるのが、国家資格でもあるFP資格です。

このたび、このFP試験3級に合格することが出来ました。

仕事は金融関係とは全く関係ないのですが、住民税の税額を間違われていた時に住民税額の計算方法や、そもそもどんな決まりで住民税を支払うのか、などを勉強した結果、

  • お金のこと、知らなさすぎるな…

と思い、一般人でも受験可能で今後の役に立ちそうなFP技能士検定に挑戦することにしました。

金融関係の仕事にも興味があったのと、国家資格を取りたかったのも理由のひとつです。

平日はフルタイムで働きながら、隙間時間で勉強して一発合格した勉強方法や使用した教材・テキストをご紹介していきたいと思います*

同じような境遇の方で、もしかしたら「そんなことくらいもうやってるよ!」と思われてしまう内容かもしれませんが、少しでもモチベーションアップに役立てる記事になっていましたら幸いです。

目次

FP3級の受験内容概要(知ってる人は飛ばしてね)

受験資格

受験資格
受験制限なし・誰でも受験可能。

FP3級の受験は「FP業務に従事している者または従事しようとしている者」と定められていますが、受験制限はなく、誰でも受験することが可能です。

ちなみに、資格というと私の場合2級以上が欲しくなるんですが、FP2級の受験資格はちょっぴり厳しく、今回始めてFPに触れるという方は受験資格はありません。

一般的な2級受験ルートとしては、FP3級に合格済であることが条件となります。

合格基準と合格率

FP3級の合格基準は下記のとおりです。

合格基準
実技・学科ともに60%以上で合格

FP3級の合格率は下記のとおりです。

FP3級の合格率
80%前後
※実技:FP協会(資産設計提案業務)の場合

近年のFP協会試験では、合格率がほぼ80%を超えており、勉強さえすれば合格できる試験だと思います。

学科試験も実技試験もどちらもマーク式のテストとなっており、問題の傾向を掴めば合格も難しくありません。

合格基準は学科・実技それぞれで60%以上の得点が必要なので、試験前に80〜90%の得点率を目指せると安心です。

実技の選び方

FP3級の実技試験は、いわゆる”きんざい”と言われる個人資産相談業務保険顧客資産相談業務と、FP協会の資産設計提案業務の合計3種類から1つを選んで受検します。

私はFP協会の「資産設計提案業務」を選びました。

理由としては、3種の模擬試験を解いてみて一番得点が取れたからです。

出題分野や試験問題の傾向は異なるので、事前にどの実技を選ぶか決めてから学習を始めるのが良いと思います。

FP3級合格のために必要な参考書は2冊!おすすめ参考書&問題集

ただ単にFP3級に受かりたいなら、近年の傾向を見ているとぶっちゃけ問題集だけでも十分です。

問題の傾向と解き方をマスターすれば、肝心なところを理解していなくても受かるのではないでしょうか。

しかし、せっかく勉強するなら法制度などを理解した上で、問題を解くのに活かしていきたいところです。

なので、

  • 試験まで2ヶ月以上余裕がある
  • 仕事に活かしたい
  • 自己啓発のために資格を取得したい

という方は、要点がまとめられた参考書を購入するのをおすすめします。

私が使った参考書&問題集は、FP受験者にも人気の”みん欲し”シリーズです。

1冊目は参考書です。

滝沢ななみさんの『みんなが欲しかった!』シリーズは、全ページカラーで分かりやすくとても良い教科書です。

試験に出るポイント等も分かりやすくまとめられており、試験対策にもバッチリの参考書です。

単元の終わりでは過去問を数問解くことができ、その都度理解度チェックをしながら学習をすすめることが出来ます。

2冊目が問題集です。

基本的には参考書で法令等を理解し、問題集で実践。

わからない所があればまた参考書に戻る…という勉強法におすすめです。

(補足)FP試験の参考書の選び方注意点

FP3級の試験は、1月・5月・9月にあります。

1月・5月の試験内容は、前年10月1日時点での法令に基づき出題。

9月の試験は当年4月1日時点での法令に基づき出題とされています。

参考書にも記載されているので、新しく購入する方は確認するのが良いでしょう。

FP3級に2ヶ月で合格した時の勉強方法

冒頭でもお伝えしたように、私の受験期の状況は

  • フルタイム勤務
  • 仕事は金融関係とは一切関係ない
  • ガッツリ勉強したのはほぼ土日のみ

といった感じでした。

それでもFP3級は合格率80%というところからも、正しく勉強すればほとんどの人が合格できる資格だと思います。

FP3級の勉強と受験をしてみて思ったのは、

  • 正しい知識を身に着ける
  • 出題される問題に対応できる力を身につける

というのがポイントだと思います。

何を当たり前のことを・・・と思われるかもしれませんが、勉強するのが初めてだった私にとっては、どちらが欠けていても合格できなかったんじゃないかなと思います。

①参考書を一通り読む

まずは、「みんなが欲しかった! FPの教科書」を準備します。

最初の1週間くらいでサーッと一通り内容を読みます。

細かいところまで覚える必要は無いので、

  • どの単元でどんな内容が出題されるのか?

というポイントだけふんわりと頭に入れておきましょう。

後から問題集と一緒にじっくりと読んでいくので、この工程は1週間位でサラッと終えましょう!

②問題集を解きながら参考書を読み込む(1周目)

次に、問題集「みんなが欲しかった! FPの問題集」を準備します。

”みん欲し”シリーズの問題集は、実際に過去出題された試験問題が単元ごとに収録されています。

参考書「みんなが欲しかった! FPの教科書」の単元と一致しているので、3週間程は

  • 参考書+解法を理解しながら実際に問題を解いてみる

という勉強をひたすら繰り返します。

問題数はそんなに多くないので、この勉強を進めていけば結構過去問でも点が取れるようになります。

③並行して、スキマ時間でFP3級過去問アプリ(無料)を解きまくる

ファイナンシャル・プランナーの方が公式公認で運営している『FP3級ドットコム−過去問道場』というWebサイトがあります。

この過去問道場では、すべての過去問が収録されています。

年度別・分野別などで過去問を絞り込んで問題を解いていくことも出来るので、勉強し始めでもどんどん問題を解いていくことが出来ます。

また、ユーザー登録をしておくと↓のような学習成績を見ることも出来ます。

↑は試験直前1ヶ月の成績です。このアプリで80%以上の正答率があったのが当日の自信にも繋がりました。

このような便利なWebアプリが無料で使えるので、通勤時間やお昼休み、寝る前などのスキマ時間はひたすらこのアプリで過去問を解きまくりましょう!

FP3級ドットコム
FP3級ドットコム FP3級の解説でNo.1を目指すサイト。試験の最新動向や過去問題の解説、質問用の掲示板など3級ファイナンシャル・プランニング技能検定に関係する情報を発信しています。トッ...

④問題集を解きながら参考書を読み込む(2周目)

本番の1ヶ月ほど前になったら、問題集2周目に入るのがベストです。

2周目では大分解ける様になっていると思いますので、間違えた箇所や自信のない分野について繰り返し参考書を読んで理解を深めながら問題に慣れていきましょう。

分野ごとにまとまっている問題集を解くことで、自分の得意な分野や苦手な分野が分かるようになってきます。

私の勉強法としては、やっぱり2回目も間違えてしまった問題は、対応する参考書の部分をもう一度覚えるつもりでじっくり読み込みました。

⑤実技の勉強は2週間前でOK

実技の勉強は2週間前からでも十分間に合いました。

私は実技の方が傾向を掴みやすかったこともあり、満点の成績でした。

”実技”と言っても、選択式で、学科の内容を理解していれば解ける問題だと思います。

学科と違う点としては、問題文が長く、問題文や問題に出てくる相談者のプロフィルを読み取る力が必要なので、そこは実際に過去問を解いて備えておくのが良いです。

これも問題集で過去問を解くことができますし、私はスキマ時間にひたすら過去問道場で実技の対策をしていました。

FP3級ドットコム
FP3級ドットコム FP3級の解説でNo.1を目指すサイト。試験の最新動向や過去問題の解説、質問用の掲示板など3級ファイナンシャル・プランニング技能検定に関係する情報を発信しています。トッ...

まとめ|私に合ってた勉強法は、参考書⇄ひたすら問題を解いて苦手を潰す

私の場合ですが、平日は通勤時間や昼休み、寝る前のスキマ時間で勉強、休日は土日のどちらかでガッツリ(計5時間くらい)勉強、といった勉強時間で合格することができました。

試験の2週間前はさすがに土日はずっと勉強していたので、10時間以上は勉強時間を確保できていたと思います。

こんな感じでも、トータル勉強時間にすると130時間以上は勉強できていたと思います。

なので、時間のない方でも2ヶ月くらい前から取り組めば結構な勉強時間を確保することが出来るのだと思います。

成績は、学科80%、実技100%の正答率でした。

今回FP3級の資格を取ったからといってすぐに資格を使って仕事に活かせるか…といったら微妙なところですが、それでも金融知識が身についた実感はあります。

特に投資の基礎知識やマイホームを建てる時の知識は今後の人生でも活かせそうだと思っています。

『お金の大学』という本も人生におけるお金の知識について学べたので、今回FP試験までは受けなくてもいいやと思った方にもおすすめです。

ちょっと価値観が偏っている気もしますが、考え方としては勉強になる点が満載です。

FP3級の参考書はこちらもおすすめ

ちなみに、同じ時期に勉強していた夫が使っていたのはこちらの参考書です。

こちらも時々借りて勉強していました。

”みん欲し”シリーズはオールカラーで中身も可愛らしい感じで、テンション上げながら勉強出来る点が私はお気に入りだったのですが、『史上最強のFP3級テキスト』はスッキリと要点がまとまっていたり、表が見やすかったりする点が良かったです。

問題集もあります。↓

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

私はこれから2級取得に向けて勉強を頑張りたいと思っています!

FP試験を受ける方、お仕事や家事・育児、大変かと思いますが、なんとかスキマ時間を見つけて資格取得に向けて一緒に頑張りましょう〜♪

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

趣味は映画鑑賞、読書、旅行など。最近は筋トレでのボディメイクにはまってます!どこにでもいる20代で、仕事はシステムエンジニアをしています。20代のうちに挑戦してみたかったブログ運営をはじめてみました。良ければTwitterなんかも覗いてみてください*

コメント

コメントする

目次
閉じる