Amazon 在庫処分セール開催中 ≫

Twitterで軽い気持ちでツイートしたことがプチバズった時の話

SNS運用

最近呟いたあるツイートが

  • いいね :2000超え
  • リプライ:300超え

と、いわゆるプチバズる経験をしました。

該当のツイートがコレ↓

私の誕生日は、3月13日。

ホワイトデーの前日なので忘れられることもしばしば。泣

むしゃくしゃして軽い気持ちで誕生日アピールをしました。

翌朝起きたらたくさんのお祝いリプと、いいねの通知が♪

嬉し〜い!!!!

くらいに思っていたのですが、この通知

2日間続きました。

小心者の私は、もういいよ〜通知止まれ〜状態になり、一日Twitterアプリを消すほどでした。

今回はこの、

ツイッターで初めて体験したプチバズ

について

  • プチバズによって起きた出来事
  • なぜプチバズったのか考察

を記事にしました。

読んでいただけると嬉しいです。

プチバズ中に起きたこと

まずはプチバズった2日間に起きたことをまとめたいと思います!

ツイートアクティビティは…?

まずはツイッターの標準機能「ツイートアクティビティ」で見る変化です。

こんな感じです!

ちなみに普段のインプレッションは1,000前後です。

フォロワーが980人(2020年3月時点)なので、妥当な数値かと思います。

このツイートアクティビティで注目していただきたいのが

  • プロフィールのクリック数:3,055回

これは、このツイートを通してプロフィールをクリックした人の数です。

いいねされた数以上に、プロフィールまで見てくれる方が居らっしゃることに驚きました。

ページビュー数通常の5倍

そして、ブロガーとしてのアカウントなので、気になるのがページビュー数です!

なんと、

  • 通常時の5倍

の数を記録することができました。

該当ツイートにはブログのURLは貼っていなかったので、

プロフィールまで見て頂いた方

且つ、URLをクリックしてくれた方

がこんなにいらっしゃるということです!

やはり、

  • Twitter経由のPV数は侮れない

と実感する出来事となりました。

まだまだオーガニック検索での来訪者が少ないので、SNS経由で見ていただけるのは非常にありがたいです。

興味を持って見ていただいた皆さま、ありがとうございました。

フォロワー数170人以上↑

ツイートへの反応、ブログPV数の上昇とともに、フォロワーさんも170名以上増えました。

本当にありがとうございます。

一番増えた3月15日が

  • 129名増

前日の3月14日が

  • 50名増

でした。

ステキな出会いがたくさん♡

フォローして頂いたり、「おめでとう」のお言葉を頂いたりで、

  • いつもTLで見ていたあの人

や、

  • 気になっていた人

と繋がるきっかけになりました♡

「この人よく見るな〜」とか、「この人気になるな〜」と思っていても、一歩踏み出せないでいた私にとっては本当に嬉しいきっかけでした!

ありがとうございました*

一方でバッシングも…

嬉しい事続きの一方で、バッシングも受けました。

戸惑いとお祝いへの感謝を表したつもりの下のツイート↓

こちらのツイートを引用RTする形式で

  • フォローして頂いた方に失礼では?
  • 自分の事が大好きなんだろうね
  • フォロワーをブロックしてから呟け

という意見を頂きました。

思いと違う風に捉えられてしまったようです。

確かに「まじでどうした?」や「知らない人ばかり」というのは失礼な表現だったかもしれないと反省し、謝罪と自分の思いを説明した方が良いかと思いましたが、これがこの方との議論のきっかけになってしまうかも知れないと考えました。

現時点では何も不利益を与えてもいない(ハズ)、与えられてもいなかったため、また何か言われてしまったらその時に考えようと思い、放置。

気になって引用RTした方を覗いてみると、色んな人のツイートを引用RTして意見を述べるご意見番のようなツイッターでした。

返信が来たものに対しては攻撃的にやり合うタイプ?だったので、放置して正解だったなと思っています。

返信していたらと思うと少し怖いと思った出来事でした。

小心者なのでそれはもうドキドキが止まりませんでした。。笑

なぜプチバズったのか?

なぜこれほどいいね数とリプライ数が伸びたのか、自分なりに分析してみました。

気軽にリプライを送りやすい内容

まずひとつが、

  • 「おめでとう」と言いやすい

誕生日って聞いただけで「おめでとう」と言いやすい

ブロガー界隈でよくある「おめでとう」といえば、

  • Googleアドセンス合格
  • 初収益発生

などですが、こちらはブロガーさんにしか共感が生まれないと思うんです。

その点、誕生日は誰にでも平等に訪れます。

誰にとっても少し特別な日であり、そこにお祝いの「共感」が生まれます。

また、誕生日+αのツイートだと、もしかすると「+α」の部分に共感できない人からは「おめでとう」が頂けなかったかも…?とも思っています。

そのような理由で、見ず知らずの人に対しても「おめでとう」と言いやすい

  • 誕生日”だけ”をアピールしたツイート

が伸びたのだと思っています。

その他考えられること

控えめにアピールした

先の分析と被りますが、

  • 情報は”誕生日”のみ

このツイートの情報って「誕生日」であることだけなんですよね。

「お祝いください!!」

「今年はこんな年にします!!」

とかも無く、

  • 誰か数人からでもお祝いの言葉貰えたらいいなぁ〜

くらいの気持ちで呟きました。

文字の空間を開けた

文章の間隔を開けたことで、

  • 目に留まりやすい

ツイートになったのかな…?とも思っています。

これは、なんかツイッターでよく言われているので…

まとめ|SNSのリスクを実感した

ステキな出会いがたくさんあって嬉しかった反面、

改めて

  • SNSのリスクを実感

しました。

何の気なしに呟いたツイートが、こんなに見ず知らずの方の目に留まるとは考えもしませんでした。

今回はただの誕生日ツイートだったので良かったですが、何かの意見を述べるようなツイートだったらと思うと少し怖いですね。

特に批判的な意見が来たときには、

『スマホを落としただけなのに』ならぬ、

  • 誕生日ツイートしただけなのに

って気持ちになりました。笑

今回はステキな出会いがたくさんあったので、結果的には嬉しい経験となりましたが、今後も気を引き締めてSNSを利用していきたいと考える出来事でした。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

コメント